検索
  • 信吾 田中

良い施設とは

なによりも大切にすべきは、ただ生きることではなく、よく生きることである

byソクラテス

QOLという概念は、歴史的に遡れば2000年以上前からあります。ソクラテスが残したこの言葉がはじまりです。


当社の考える良い施設とは、よく生きることができる場です。

よく生きるとは、人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているかということです。

当社のホームページやわたしの名刺に記載している

『自分らしく生きることが出来る明日を創る』がこれに当たります。


何を幸福と感じるかは、ひとりひとり違います。

自分らしさとは、常に自己選択の中にあります。

私には正しい 貴方には正しくない


残念ながら、人それぞれ価値観が違いますので、幸福も千差万別です。


私たちに出来ることは、自分の選択とは違う答えでも

利用者様の自己選択に寄り添うことです。

その人が残された時間を幸福に過ごせるようにと願いを込めて

閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私は、介護の仕事をする上で、一番必要なことは優しさだと思っています。 当社の従業員にもご利用者様に優しく接することを求めています。 でも優しく接するって具体的には、どういうことでしょうか? そもそも優しさって何なんでしょうか? ひとりひとり答えの違うものかなと思います。 しかし、私たちは、仕事としてご利用者様をチームでケアをしていく以上 ひとりひとりの考えが、あまりに違いがありすぎたり、バラバラだ

学生時代に読んだ森博嗣さんの『すべてがFになる』というミステリー小説の一文に 私には正しい。あなたには 正しくない。いずれにしても正しいなんて概念は、その程度のものです。 というセリフがあり、とても感銘を受けました。 そこから私は、わたしだけが正しいわけでない、みんな等しくそれぞれに正しく、間違っているので、自分の考えをちゃんと言うようにしようという風に考えるようになりました。 アドラーの『嫌われ

突然ですが、私は短歌にハマっている時期がありました。 その中で、辰巳泰子さんという歌人の以下の短歌がとても好きです。 想うのはうまくいかないことばかり夕焼け雲を歩きたいのに ほとんどの人は、夕焼け雲を歩くことは出来ません。 つまり想うことが、上手くいかないことはあたり前であり、夕焼け雲を歩けないからこそ、歩きたくなるような夕焼け雲を見ることできるということをこの短歌は詠っていると私は解釈しています